-クリスマスローズの特徴

2009年7月アーカイブ

クリスマスローズは花の少ない季節に、次々と花を咲かせてくれる花です。1月~3月の寒い季節に綺麗な花が楽しめるなんて嬉しいですよね。クリスマスローズの花の色は、白や黄色、黒色や紫、ピンクや赤などさまざまです。単色のほかにも色々なカラーが交じり合った複雑な色合いの物もあります。

網目系や復色系などもあります。クリスマスローズはたくさんの要素を加えて花を咲かせるので、ひとつとして同じ花色がありません。そこもまた、クリスマスローズの大きな魅力といえるでしょう。花に色だけではなく、カップ咲き、八重咲き、剣弁咲きなど、花の形状もさまざまです。色も形も違うので楽しさも広がるのです。

クリスマスローズの花とお話していますが、花は退化して密管となっていて、花のように見える部分は実は「がく」なのです。花色が豊富なのではなく、がく片の色が豊富なのです。花であろうとがくであろうと、クリスマスローズが美しいことには変わりまりません。交配種も多く販売されていますが、沖縄などの温かい地域でも花を咲かせるタイプもあります。

クリスマスローズは種類によって、背丈の大きなものもありますので、庭などに植える場合には、事前に店頭で説明を聞いてみるといいでしょう。庭の奥に背丈の高いものを植え、手前に背丈の低い種類を植えてバランス良くクリスマスローズを楽しんでください。クリスマスローズは切り花にしても楽しめますし、茶花として花瓶に生けたりされています。

クリスマスローズは寒さに強く、咲く花が少ない冬に咲いてくれるので多くの人が庭などに植え、美しい花を鑑賞しています。クリスマスローズは寒さには強いですが、真夏の乾燥には弱いので気をつけましょう。種を蒔いたり株分けをすることで比較的簡単に増やしていけるので、少しずつ増やしていけるという楽しみもあります。

クリスマスローズは白が一般的に好まれているようですが、赤紫色などもあります。比較的落ち着いた感じの色が多く、洋風の庭でも和室でも合わせることが出来ます。クリスマスローズは日本の寒さにも耐えてくれますので、安心して育てることが出来ますが、高温多湿には弱いので気をつけましょう。

クリスマスローズは花が咲き終わった後、そのままにしておくと株が弱くなってしまいます。タネを取る場合は別ですが、タネを取らないのであれば、花茎ごと切り取っておくほうが長持ちします。クリスマスローズは寒さには強いと言われていますが、霜には弱いので霜よけを作ってあげたほうがいいでしょう。

クリスマスローズを鉢植えで楽しむ場合には、南向きの軒下に置くと霜が当りません。夏は北向きにして風通しを良くしてあげて、出来るだけ涼しい環境で育ててあげるようにしましょう。直射日光が当らず比較的明るい場所に植えてあげるといいでしょう。クリスマスローズは病気も害虫もない花ですので、育てる場所にだけ気をつけてあげましょう。

 

 ビーグル犬  中高年の転職  飲食店の開業

クリスマスローズは名前の通り、クリスマスの時期に白いバラのような花が咲くのが特徴となっています。店頭などで販売されているクリスマスローズは、レンテンローズという種類がほとんどです。キリスト教のレント(四旬節・受難節)に咲くのでこの名が付いたと言われています。

受難節・四旬節というのは、復活祭前の6回の日曜日を除いた40日間のことを言います。2月~3月頃に咲く花ということになります。クリスマスローズは学名をヘレボラスと言いますが、ギリシャ語では殺す食べ物という事になります。見た目と違い恐ろしい学名が付いていますが、毒を持つ植物ですのでペットなどが花を食べてしまわないよう注意が必要となります。

キリスト教の逸話にクリスマスローズに関する話しが残されています。貧しい羊飼いの少女がイエス・キリスト誕生を祝福しようと訪れたものの、捧げる贈り物がなくて困っていました。すると天使が舞い降りてきて雪の中から美しい白い花を出し、贈り物として捧げなさいと告げました。この白い花がクリスマスローズだったと言われています。

クリスマスローズは庭に植えて楽しむという人も多いと思いますが、4年以上たつと株も大きくなりますので、根を傷めてしまわないように注意しながら株分けをしましょう。各株に大きな葉がつくように注意しながら株分けをします。ハサミやナイフを利用するといいでしょう。株を分けて1ヶ月ほど経ったら肥糧を与えてあげましょう。

 

 痛風  メニエール病  ジェルネイル  ヘアケア

クリスマスローズは株元が太いので安定感があり、葉や株など全体的にバランスのとれた花です。大きな葉が特徴となっていますが、病害虫がないというのも育てるうえで安心できる点です。クリスマスローズは店頭でも販売されていますので、鉢植えを購入して自宅の庭で楽しんでみてはいかがでしょうか。

クリスマスローズは10月~3月頃にかけて、店頭で苗が販売されます。花が咲くのは翌年からとなりますが、蕾のついた苗を購入すれば翌年まで待たなくても綺麗に咲く花を見ることが出来ます。花が咲いた状態のクリスマスローズも販売されますので、好きな色を選ぶことも出来ます。

クリスマスローズの苗を購入したら植え付けをします。10月~12月、または3月頃に植え付けをするのが好ましいと言われています。夏は風通しの良い日陰を選び、冬は寒風が当らない場所を選びましょう。クリスマスローズを鉢植えで楽しむ場合、根詰まりしやすいので注意しましょう。

一年に1回は植え替えをしてあげましょう。根が崩れてしまうのを防ぐためにも、植え替えの度に少しずつ大きな鉢に変えてあげましょう。庭に植える場合は水はけのいい場所を選び、直射日光が当らないようにして風通しの良い場所に植えましょう。30cmほどの深さまで土を耕し腐葉土などを入れて土壌を良くしておきましょう。

 

 小顔矯正について  小顔矯正はできる  熟年離婚

クリスマスローズを自宅の庭に植えて楽しむという人も多いと思います。クリスマスローズは寒さに強いのが特徴の花です。花の鑑賞が出来なくなる冬から春にかけて咲きますので、庭が淋しくなりがちな季節にも綺麗なクリスマスローズを鑑賞することが出来るのです。

クリスマスローズは日陰にも耐えることが出来ますので、手入れも楽ですし花期が長いのでゆっくり美しい花を楽しむことが出来ます。庭が淋しいと感じている人、冬も花の鑑賞を楽しみたい人は庭にクリスマスローズを植えてみてはいかがでしょう。綺麗な花を見ると心も和みますのでお勧めですよ。

クリスマスローズは学名をヘレボラスと言います。キンボウケ科の属している花で、原産国はアジア・ヨーロッパとなっています。一般的にクリスマスの頃に咲く花をクリスマスローズと言いますが、正確に言うとクリスマスに咲く原種は「ノイガー」という品種になります。

2月~3月に咲くオリエンタリスなどもあります。オリエンタリスは「レンテンローズ」とも呼ばれています。いくつかの種類に分かれるのですが、日本ではまとめて「クリスマスローズ」と呼んでいます。花弁に見えるのは「がく片」となっています。花弁は退化し蜜の出る蜜管となっています。

 

 小顔エステですっきり  小顔になる方法1  小顔になる方法2
カテゴリー
更新履歴
寒い季節に綺麗な花が楽しめる(2009年7月 4日)
洋風の庭でも和室でも合わせることが出来る(2009年7月 4日)
クリスマスの時期に白いバラのような花が咲く(2009年7月 4日)
クリスマスローズの育て方(2009年7月 4日)
手入れも楽で花期が長い(2009年7月 4日)
カテゴリー
更新履歴
寒い季節に綺麗な花が楽しめる(2009年7月 4日)
洋風の庭でも和室でも合わせることが出来る(2009年7月 4日)
クリスマスの時期に白いバラのような花が咲く(2009年7月 4日)
クリスマスローズの育て方(2009年7月 4日)
手入れも楽で花期が長い(2009年7月 4日)