Top > クリスマスの時期に白いバラのような花が咲く

クリスマスの時期に白いバラのような花が咲く

クリスマスローズは名前の通り、クリスマスの時期に白いバラのような花が咲くのが特徴となっています。店頭などで販売されているクリスマスローズは、レンテンローズという種類がほとんどです。キリスト教のレント(四旬節・受難節)に咲くのでこの名が付いたと言われています。

受難節・四旬節というのは、復活祭前の6回の日曜日を除いた40日間のことを言います。2月~3月頃に咲く花ということになります。クリスマスローズは学名をヘレボラスと言いますが、ギリシャ語では殺す食べ物という事になります。見た目と違い恐ろしい学名が付いていますが、毒を持つ植物ですのでペットなどが花を食べてしまわないよう注意が必要となります。

キリスト教の逸話にクリスマスローズに関する話しが残されています。貧しい羊飼いの少女がイエス・キリスト誕生を祝福しようと訪れたものの、捧げる贈り物がなくて困っていました。すると天使が舞い降りてきて雪の中から美しい白い花を出し、贈り物として捧げなさいと告げました。この白い花がクリスマスローズだったと言われています。

クリスマスローズは庭に植えて楽しむという人も多いと思いますが、4年以上たつと株も大きくなりますので、根を傷めてしまわないように注意しながら株分けをしましょう。各株に大きな葉がつくように注意しながら株分けをします。ハサミやナイフを利用するといいでしょう。株を分けて1ヶ月ほど経ったら肥糧を与えてあげましょう。

 

 痛風  メニエール病  ジェルネイル  ヘアケア
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
寒い季節に綺麗な花が楽しめる(2009年7月 4日)
洋風の庭でも和室でも合わせることが出来る(2009年7月 4日)
クリスマスの時期に白いバラのような花が咲く(2009年7月 4日)
クリスマスローズの育て方(2009年7月 4日)
手入れも楽で花期が長い(2009年7月 4日)