Top > 洋風の庭でも和室でも合わせることが出来る

洋風の庭でも和室でも合わせることが出来る

クリスマスローズは寒さに強く、咲く花が少ない冬に咲いてくれるので多くの人が庭などに植え、美しい花を鑑賞しています。クリスマスローズは寒さには強いですが、真夏の乾燥には弱いので気をつけましょう。種を蒔いたり株分けをすることで比較的簡単に増やしていけるので、少しずつ増やしていけるという楽しみもあります。

クリスマスローズは白が一般的に好まれているようですが、赤紫色などもあります。比較的落ち着いた感じの色が多く、洋風の庭でも和室でも合わせることが出来ます。クリスマスローズは日本の寒さにも耐えてくれますので、安心して育てることが出来ますが、高温多湿には弱いので気をつけましょう。

クリスマスローズは花が咲き終わった後、そのままにしておくと株が弱くなってしまいます。タネを取る場合は別ですが、タネを取らないのであれば、花茎ごと切り取っておくほうが長持ちします。クリスマスローズは寒さには強いと言われていますが、霜には弱いので霜よけを作ってあげたほうがいいでしょう。

クリスマスローズを鉢植えで楽しむ場合には、南向きの軒下に置くと霜が当りません。夏は北向きにして風通しを良くしてあげて、出来るだけ涼しい環境で育ててあげるようにしましょう。直射日光が当らず比較的明るい場所に植えてあげるといいでしょう。クリスマスローズは病気も害虫もない花ですので、育てる場所にだけ気をつけてあげましょう。

 

 ビーグル犬  中高年の転職  飲食店の開業
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
寒い季節に綺麗な花が楽しめる(2009年7月 4日)
洋風の庭でも和室でも合わせることが出来る(2009年7月 4日)
クリスマスの時期に白いバラのような花が咲く(2009年7月 4日)
クリスマスローズの育て方(2009年7月 4日)
手入れも楽で花期が長い(2009年7月 4日)