Top > 手入れも楽で花期が長い

手入れも楽で花期が長い

クリスマスローズを自宅の庭に植えて楽しむという人も多いと思います。クリスマスローズは寒さに強いのが特徴の花です。花の鑑賞が出来なくなる冬から春にかけて咲きますので、庭が淋しくなりがちな季節にも綺麗なクリスマスローズを鑑賞することが出来るのです。

クリスマスローズは日陰にも耐えることが出来ますので、手入れも楽ですし花期が長いのでゆっくり美しい花を楽しむことが出来ます。庭が淋しいと感じている人、冬も花の鑑賞を楽しみたい人は庭にクリスマスローズを植えてみてはいかがでしょう。綺麗な花を見ると心も和みますのでお勧めですよ。

クリスマスローズは学名をヘレボラスと言います。キンボウケ科の属している花で、原産国はアジア・ヨーロッパとなっています。一般的にクリスマスの頃に咲く花をクリスマスローズと言いますが、正確に言うとクリスマスに咲く原種は「ノイガー」という品種になります。

2月~3月に咲くオリエンタリスなどもあります。オリエンタリスは「レンテンローズ」とも呼ばれています。いくつかの種類に分かれるのですが、日本ではまとめて「クリスマスローズ」と呼んでいます。花弁に見えるのは「がく片」となっています。花弁は退化し蜜の出る蜜管となっています。

 

 小顔エステですっきり  小顔になる方法1  小顔になる方法2
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
寒い季節に綺麗な花が楽しめる(2009年7月 4日)
洋風の庭でも和室でも合わせることが出来る(2009年7月 4日)
クリスマスの時期に白いバラのような花が咲く(2009年7月 4日)
クリスマスローズの育て方(2009年7月 4日)
手入れも楽で花期が長い(2009年7月 4日)